蕨駅エリアを中心に、さいたま市、川口市、北区、板橋区、豊島区など政務・経営・相続・MAS監査に関する業務全般の無料相談

メニュー

ホーム > 業務案内 > MAS監査

MAS監査

MAS監査とは

MAS監査は目標を達成し夢を実現させる財務支援サービスです。「MAS」とは、マネージメント・アドバイザリー・サービスの略。経営計画シミュレーションシステム「MAP3」を活用しながら、経営サイクル(Plan-Do-See)の確立と運営を支援し、目標達成できる経営体質へ導きます。経営計画の作成、実行した結果の検証、生み出された課題への対策、社員のモチベーション向上など、あらゆる面からサポートし安心経営を提供します。

こんな方におすすめです

    • 目標達成するための方法を具体化したい
    • 会社の規模拡大を目指している
    • より多くの店舗を展開したい
    • 会社の方向性と社員の考えを合わせて意識を高めたい
    • 資金繰りでの心配をなくしたい
    • 事業計画はたてているが実行できていない
    • 不採算部門の理由を明確にしたい
    • この商品で戦えるのか見極めたい
    • 試算表の数字を役立てることができない
    • どの経営指標を使えばいいか分からない
    • 百年続く会社にして後継者へ繋げたい

MAS監査の流れ

  1. ①財務診断【仕度の日】経営計画を立てる前にまずは現状を把握することが大切です。
    「決算評価」や「現状計画」のデータを使用して、
    定量・定性面での現状を正確に把握していきます。
    現状から未来を想定し、会社の将来を描く経営計画の準備をしていきます。
  2. ②中期5ヵ年計画立案【将軍の日】中期経営計画セミナーで経営環境を見つめ直し、丸一日かけて中期ビジョンを作成します。
    多忙な日常から離れて経営理念から現状・課題を見つめ直し自己分析することが大切です。
    将軍が戦場から離れた陣営で戦局を見極めて戦略を立てていたことから「将軍の日」とされています。
  3. ③単年度計画立【軍議の日】作成した中期ビジョンである5ヵ年計画をもとに、「数値計画」「行動計画」を立案していきます。
    毎月のアクションプランに基づく月別数値計画書を作成し、一年後の目標を達成するための見通しを立てていきます。
    社員全員参加で策定することも可能です。
  4. ④経営計画発表会【開戦の日】経営シミュレーションソフト「MAP3」を使用して作成した経営計画書をもとに経営計画発表会を行います。
    経営者が目指す考えや方向性、経営計画を社員にブラッシュアップしていきます。
    考え抜いて作り上げた経営計画を社員全体の羅針盤に変えることで目標達成への意識を高めます。
  5. ⑤いちげつ経営会議の日【合戦の日】「数値計画」や「行動計画」に対する現状との差異を分析する経営会議を毎月実施します。
    今後の課題を解決するため次月以降のアクションプランを練り直すことが大切です。
    粘り強く継続し経営意識を少しずつ高めます。
    そうすることで目標達成ができる経営体質を構築します。

お客様の声(事例)

革新的ものづくり補助金採択!
株式会社ワイズ 代表取締役 山﨑洋一 様

MAS監査導入のきっかけ 顧問司法書士に相談した際、ものづくり補助金の応募が開始していることを知りました。しかし、顧問司法書士が認定支援機関でなかったため加藤税理士事務所に申請代行を依頼しました。
MAS監査の成果 MAS監査を導入することで具体的な事業計画を意識できるようになりました。設備投資に関して得意先開拓や受注製品・試作品製作スケジュールなどを優先しつつ、補助金を視野に入れながら進めることができました。認定支援機関について知らなかったため、認定支援機関である加藤税理士事務所に相談しお任せすることでスムーズに申請書作成することができました。補助金1,000万円を資金繰りに当てられたことは、1,000万円の純利益を上げるための売上高や人件費を考えると非常に助かりました。

外注費年間600万円削減!
株式会社山翔 代表取締役 山中貴之

MAS監査導入のきっかけ 「将軍の日」(中期経営計画立案セミナー)で具体的な数字を把握することができ、データをもとに会社の経営状況がわかったことがきっかけでした。
MAS監査の成果 経営計画を立てることで、外注費の中に無駄なものが多いことがわかりました。
打ち合わせで1年間の外注費をチェックして見直すことで大幅に減額することができました。

無借金を実現し、念願の新店舗OPEN!
株式会社銀座 代表取締役社長 薄田誠 様

MAS監査導入のきっかけ 新店舗のOPENを目指しており、売上を上げて無借金を実現したかったため導入しました。
MAS監査の成果 「売上向上」「粗利益率アップ」「コスト管理」を共有、仕入れの見直しや在庫管理を徹底し年間計画に盛り込み、毎月の会議で管理することで自分たちが何を頑張れば良いか明確になりました。また、利益率の向上やコスト削減が給与や賞与に反映することを理解することでスタッフのモチベーションの向上につながりました。経営に対して全社で取り組むことで利益を出せる企業体質になり、前期は過去最高の売り上げを達成することができました。成果を上げることができ、無借金を実現し、2号店をOPENすることできました。

数値目標の共有で社員の意識が劇的に変化!
株式会社ラムソック 代表取締役 齋藤勇喜 様

MAS監査導入のきっかけ 景気が不透明で先行きが不安な状況が続いており将軍の日を受講しました。自己分析と数値計画立案により、今までは漠然としていた売上目標が明確になりました。具体的な取り組みを進めるため、早速「MAS監査」を導入し、従業員にも会社と個人の現状と数値目標を開示しました。
MAS監査の成果 社員に個人実績を見せたところ、想像より下回る業績に落胆した様子でしたが、会社の売上目標を共有することで一人一人の働き方が大きく改善されました。積極的に仕事に取り組むようになり、社員に経営者意識が芽生え、数字の力の大切さを実感することができました。

ページの先頭へ戻る